格安で素敵な結婚式を挙げるコツ|式場選びのススメ

結婚の内祝いのマナー

贈り物

返礼する相手による作法

結婚祝いをいただいたら必ずお返しをするのがマナーです。さらに、そのお返しの品選びや送り方にもマナーがあるので確認しましょう。結婚祝いのお返しは、結婚内祝いとも呼ばれています。通常の内祝いは、お祝いの半額程度の返礼品を贈ることになっています。ただし、両親や祖父母の場合、結婚祝いの金額が多くなる傾向があるので、この場合は金額を半分にするのではなく、気持ちの伝わる返礼品が理想的です。結婚祝いのお返しは、現金でお返しすることはタブーです。ただし、商品券の場合は妥当とみなされています。親族への返礼は気持ちを込める観点から、商品券以外のものを選択すると良いでしょう。さらに、職場の仲間に結婚祝いのお返しをする場合があります。1人ひとりへのお返しを選ぶよりも、小分けにして公平に渡せる結婚祝いの返礼ギフトを選択することが推奨されています。形の残るものより食べてなくなるものが相応しいといわれています。品物選びでのマナーは、上司など目上の方に対して室内外の履物を贈るのはタブーとされています。マナーとタブーを理解して相手による作法を熟慮する必要があるでしょう。さらに、結婚祝いのお返しは品物だけでなく手紙を添えるのが、一般的なマナーだといわれています。数多くギフトを贈るなら、内祝いの挨拶状を印刷しても良いですし、両親や祖父母などの親族、そして勤務先の上司など目上の方には手書きの挨拶状兼お礼状を添えることが最良です。