格安で素敵な結婚式を挙げるコツ|式場選びのススメ

低予算で夢がかなう

式場

低予算ウエディング

結婚式は豪華絢爛である必要はなく、お世話になった方へのお披露目、感謝を伝える場を設けることを目的とし、シンプルに収めることで、低予算で格安結婚式を挙げることも可能です。近年は格安結婚式に特化した会社ができたり、食事会スタイル、会費制スタイルを選ぶカップルも増えてきています。格安結婚式サービス会社は、金銭的に余裕のないカップルが結婚式を諦めずに実現できるよう、予算組みから親身になってくれます。ご祝儀払いと言われる後払いが可能な会社が多いのも特徴です。追加料金や衣装の持ち込み料金がかからない会社などもあり、とにかく安く抑えたい、自己資金がないような場合は、各社のセールスポイントを比較して、まずは見積もりを取ってみるのが良いでしょう。大阪で格安結婚式を挙げたい場合、どのようなスタイルが取られているのか調べてみると、大阪だけでなく全国区で展開する格安結婚式サービス会社の他に、大阪市内の結婚式場で「10万円以下で挙式可能」を売りにしている式場なども見つかります。どの会社も、経験豊富なプランナーが「低予算」という条件を踏まえてカップルに寄り添って計画してくれるので、費用のことでストレスを感じることがありません。大阪には数多くの式場、協会、ゲストハウスが存在しますが、好みの場所を選べるのもメリットです。これからどんどんお金がかかる、子供を授かった、または子供を産んでからの結婚式を叶えたい夫婦にも人気です。

ハート

成長記録に感謝を込めて

披露宴では、新郎新婦の思い出を音楽と共に映像として流す、プロフィールムービーが人気です。業者に依頼する場合にも自作する場合にも、新郎新婦の写真や映像だけでなく、ゲストが一緒に写っているものもあれば、会場は盛り上がるでしょう。

贈り物

結婚の内祝いのマナー

結婚祝いのお返しは、両親や祖父母を始めとした親族、友人・知人、会社の上司や同僚など様々な人に贈ります。そのため、関係性によって贈る品物やマナーに違いがあることを理解しておいた方が、これからの人間関係も良好になります。

結婚式場

結婚式をイメージする

席次表は受付でゲストに渡されるものですが、それを見て結婚式をイメージすることができます。席次表は席の番号とゲストの氏名が書かれただけのものも多いですが、印象深い席次表にすることで結婚式も印象深いものにすることができます。